金融車を所有するメリットやデメリット、買取方法を確認しよう

金融車を所有するデメリット

  • 名義変更するのが大変
  • 登録ナンバーの変更が難しい
  • 自動車税納付書は取り寄せないといけない
  • 金融車専門店にしか売れない

金融車とは何か?

一般的に金融車とは、ローン返済中に支払いが出来なくなり車をローン会社に取られてしまった状態の車です。ローンで購入した車の所有権は、実は返済が終了するまでローン会社にあるのです。なので、支払いが出来なくなったらローン会社に取られてしまうという構図が出来上がってしまいます。ローン会社は回収した車が金融車を取り扱う業者に回ってきて販売されています。

金融車を所有するメリットやデメリット、買取方法を確認しよう

車とお金

デメリットがあるがメリットも多い

さまざまなデメリットが先行している金融車ですが、多くのメリットもあります。まずひとつめは、とにかく安いということです。一般的な中古車相場に比べると5割~6割ほどで購入出来てしまいます。また、金融車には高級車が多い傾向にあるので、憧れの高級車を安く手に入れるチャンスが出来ます。

手数料がかからない

中古車を購入する時には、通常たくさんの手数料などがかかります。ですが、金融車は現状販売となるので、登録費用や取得税を払う必要がなくなります。本体価格が安くても手数料で結局高くなってしまうことは中古車購入時によくあることです。金融車にはそういったことがないので、乗り出し費用を安く抑えたい方へ特におすすめできます。

手続きが簡単

先ほど登録費用や取得税がいらないと紹介しましたが、それにより手続きが少なくなります。なので、購入手続きにかかる手間が大幅に削減されます。それにより購入してから最短だとその日に乗って帰ることも出来ます。すぐに車が必要な方には助かる特徴でしょう。

売却時にすぐお金が手に入る

金融車は基本的に売却時専門店に買取してもらいます。多くの金融車買取を行っている業者が即日現金買取を行っているので、その日にすぐお金を受け取ることが出来ます。ですが、状態が悪いと買取をしてもらえないことがあるので気を付けましょう。

広告募集中